人気が高まっているふるさと納税|確定申告をしなくても可能

男の人

お得なので積極的に行おう

カニ

ふるさと納税は税金が還付、控除されるお得な制度などで積極的に利用してみてください。出身地でなくても問題なく、応援したい自治体に寄付することができます。また、ふるさと納税は税金が少なくなるだけが魅力ではありません。自治体から貰えるお礼の品も魅力で、名産品や宿泊券などが貰えます。

もっと読む

企業も検討してみよう

野菜

2016年から企業版ふるさと納税がスタートしたので、減税対策として行うことを推奨します。最大30%が法人住民税から控除されるので、寄付をすることでの課税所得が減ることと合わせて、大幅な税控除を受けることができます。ただ、お礼の品は自治体と癒着していると疑われてしまう可能性があるので注意が必要です。

もっと読む

年末に慌てないために

田畑

ワンストップ納税が簡単

ふるさと納税は年々人気が高まっているようで、テレビで紹介されたりガイド本も発行されています。ふるさと納税は、自分で選んだ自治体に寄付をすると翌年度の税金還付があります。限度額を超えなければ実質2000円の自己負担で、残りは所得税と住民税で還付されます。しかも自治体からは、お礼の品が届くのですから節税効果は十分です。お礼の品は、その自治体の特産品であったり宿泊券であったりとバラエティにとんでいます。ふるさと納税した翌年は原則として確定申告が必要です。しかし寄付先が5か所以内で、他に確定申告する必要がない場合はワンストップ納税制度を選択するといいでしょう。ワンストップ納税であれば、確定申告は不要です。寄付をする際にこの制度を選択する必要があります。

品切れするものも

ふるさと納税をするなら、ポータルサイトを利用すると便利です。全国の自治体の情報が掲載されていますし、寄付金の限度額をシュミレーションすることもできます。ポータルサイトから直接寄付できる自治体もあり、手間が省けます。自治体によってはクレジットカード払いできるところもあるので、これを利用するとクレジットカード会社のポイントも貯まり更にお得です。ふるさと納税は年末になると、かけこみで寄付する人が増えますが12月31日まで受け付けしているとは限らないので確認が必要です。又、人気の品物は品切れしていることも多いですので、早めに寄付するといいでしょう。自治体によっては、お届け時期を選択できたり、お米だと数回に分けて届けてくれるサービスもあります。

制度を理解しよう

男性

人気のふるさと納税ですが、しっかりと理解をして寄付をしないと、損をする可能性があります。制度は改正されている部分もあり、それによって納税限度額が異なっている場合もありますので、確認するようにしましょう。

もっと読む

Copyright © 2016 人気が高まっているふるさと納税|確定申告をしなくても可能 All Rights Reserved.